【台湾旅行】5月6月の知っておきたい天気と服装

\蒸し暑くて雨!/

4月末から5月にかけて台湾の夏がやってきます。

気温がググッと上がり日中35度超え、夜も30度近くのまま。
クーラーがないと寝れないほどです。

そして台湾の梅雨も5月に到来です。
一日中ずっと雨が降ってジメジメしています。

降水量と気温

5月

  最高気温 最低気温 降水量
台北 29.2℃ 22.3℃ 234.5mm
台中 30.2℃ 22.6℃ 145.5mm
台南 31.3℃ 24.1℃ 173.6mm
高雄 30.8℃ 24.8℃ 197.4mm
東京 26.4℃ 16.6℃ 137.8mm

梅雨の時期に突入すると一日中雨が降っています。5月の台湾の雨の降り方は、日本の梅雨と比べて同じくらいの強さです。

6月

  最高気温 最低気温 降水量
台北 32.0℃ 24.6℃ 325.9mm
台中 31.9℃ 24.4℃ 231.5mm
台南 32.1℃ 25.7℃ 371.5mm
高雄 31.6℃ 25.9℃ 415.3mm
東京 26.4℃ 18.6℃ 167.7mm

6月の降水量は日本の2倍の雨が降ります。風の強さも合わさり、屋根の下で雨宿りしても雨で濡れることもあります。

台湾旅行の服装や持ち物は?

服装
日本の真夏の服装で大丈夫です。バスや飛行機、建物の中はクーラーガンガンに効いて寒いので、薄手の羽織るものと長ズボン一着あると安心です。

麻素材など風通しがよく汗をよく吸う服装だと快適に過ごせるでしょう。雨の季節のため、服が濡れて汚れることもあるので汚れてもよい服を選ぶといいでしょう。

台湾人は女性も男性もオシャレな服装をしてる人は少ないです。一般の観光でしたら、日本で着る以上にオシャレな服を着なくてもいいでしょう。

必須の持ち物

虫除けスプレー、折り畳み傘、日焼け止め、日傘、タオル、羽織るもの

雨に遭遇する機会が多いため、日本出国前に、事前に防水スプレーをカバンや靴に吹いておくと安心です。また急な雨に濡れてもいいようにタオルと羽織るものを常時持っておくといいでしょう。乗り物や建物内はクーラーガンガンに効いてるので、濡れた直後だととても冷えるからです。

蚊はいるの?
水あるところに蚊あり!カフェの中やデパートの中にも蚊はいます。

森林や山、草が生茂っている場所に行くなら虫除けスプレーもしくは肌を全身隠すことを忘れずにしてください。

比較的当たる天気予報のサイト

台湾人がよく見ている天気予報のサイトです。
台湾の交通部(日本の国土交通省に相当)が天気予報を提供しています。

>台湾のよく当たる天気予報はコチラ

ネット検索したら色んな天気予報のサイトがでてきますが、私個人的にも上記サイトが比較的当たってる確率が高いと思っています。

台湾の5月6月で食べられるフルーツ

マンゴー
スイカ
ライチ
パパイヤ

スターフルーツ
釈迦頭
スモモ
ココナッツ

台湾の5月6月の台湾旅行の料金は?

台湾の5月6月はオフシーズンに突入します。梅雨のため、ゴールデンウイークを除き台湾ー日本間の航空券は安くお得行ける季節です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)