桃園空港ターミナル2に新エリア出現!驚きのレストラン街レポ

桃園空港に着いてもやることがない。

そんな人のために、桃園空港ターミナル2に新しいエリアが2019年12月解放されました。

2つの新エリアには、レストランと展望台がそれぞれ設置されています。

2つの新エリアが解放!?

新エリアには、南側・北側の2つで、どちらもレストラン街のほかに、飛行機の離着陸を眺めれるようになっています。

それぞれ違ったコンセプトのもと作られています。

北側エリア


桃園空港3階の出国エリアから1~5番ゲートに向かいます。

【↑北側商場/観景台】と書かれた案内があるので通過します。

通過すると左側にエレベーター(写真赤印)、奥にエスカレーターがあり5階へ上ります。


ご飯が食べれる広場の他に、台湾料理やラーメン、ピザ屋、セブンイレブンがあります。

取材時の2020年1月はスタバを作りかけていました。


レストランに沿って展望台(6:30~22:30)があります。

北側は、着陸風景を見ることができます。時間にもよりますがお昼12時頃だと5分に一度着陸しています。

このエリアを利用できるのは同時間に100人までと制限されていますが、そこまで混んでいないので待たずに見れます。

南側エリア


桃園空港3階の出国エリアから22~24番ゲートに向かいます。

【↑南側商場/観景台】と書かれた案内があるので通過します。

通過すると右側にエレベーター、奥にエスカレーター(赤印)があり5階へ上ります。

古街をイメージしたようなレストラン街が現れます。

ルーロンファン屋、ラーメン屋、香港料理屋、カフェ、ファミマがありました。

広場にはコンセントが設置されているテーブルも16箇所以上ありました。


レストランに併設されて、展望台もあります。

南側は離陸風景を眺めることができます。お昼12時頃だと10分に一度離陸する姿をみれます。

こちらも同時間に300人までの入場制限がありますが、5~10分で入れ替わるので、待たずに見れると思います。

外の風に注意!
風が強いので帽子を飛ばされないように注意してください。

取材時、帽子を飛ばされている人がいて、近くにいた警備員さんにとってもらっていました。

南側・北側どっちがおすすめ?


北側と南側の新エリアは連結されていません。

そのため、移動するには5階から3階、150m歩いて再度5階へ上らないといけません。

時間がない場合は、南側の新エリアがおすすめ!

全体が古街をイメージして作られてるので、雰囲気がガラっと変わるからです。

またエレベーター手前にはインスタ映えする場所があります。

新エリアに足を運んではいかが?

2019年12月にオープンした新エリア。まだまだ知ってる人が少ないです。

時間に余裕があればいってみる価値があるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)