台湾は蚊が多い!部屋の中の蚊を一瞬で駆除できた対策話。

夜寝てる時に蚊に手足を噛まれると睡眠の質が下がりますよね。
最近ほぼ毎日起こってるので睡眠の質がダダ下がり。なんとかしようと思いました。

台湾には3つの家に住んだことがあります。

一件目:ホテルの部屋
ホテルの一室を月単位で借りていました。ホテル内ということで蚊はいませんでした。

二件目:中国語学校の宿舎
家に帰るとき、蚊が服にふっついて部屋の中に入ってくることが月2~3回ありました。

三件目:マンションの一室
蚊を駆除しても次の日には別の蚊がいるという状況。蚊と生活している状態でした。

部屋の中を探しても出てこないのに、夜になると血を吸いにやってくるので一体どこにいる!?と七不思議状態でした。

「光南大批発」で買ったもの


光南大批発は台湾の日常用品を日本産を含めて激安で売っています。

フリクションボールペンとか日本で買うよりも安いです。

ここで蚊の駆除に役立つものを探していると電蚊器というものが売っていました。

日本で売ってるアースノーマットに近いものです。付属の薬品を本体に設置してコンセントに挿すだけです。

値段は本体と薬品1個付きで209元(約750円)でした。

薬品の香りはミントや茶葉の香り、赤ちゃんに優しいものがありましたが私は無香料を選びました。

他にも3、4点違うメーカのものがあり110元(約400円)~270元(約970円)と様々でした。

商品レビュー


箱は見た目以上に大きく説明書とかたくさん入ってるんだろうなって思いました。


開封してみると不思議。本体と薬品だけで他はそれらを固定しているだけでした(笑)


本体は思ったよりコンパクトで拳くらいの大きさです。本体の下に薬品を連結させるだけなので
誰でもできます。


本体を横向きにしてコンセントに挿さないでくださいと書いてあったものの、私の家のコンセントは向きが90度違います…。

本体をクリクリしてると、実は90度に回せることを発見できました(笑)


本体の横側には8時間、12時間、24時間を選択できるタイマーボタンがありました。

タイマーボタンの使い方
例えば、夜9時に本体をコンセントに繋げて作動させたとします。
8時間…翌朝5時に電源が切れます。そして夜9時に自動的に作動します。
12時間…翌朝9時に電源が切れます。そして夜9時に自動的に作動します。
24時間…24時間作動し続けます。

以上のようになっています。

本体上部には弱・中・強の点滅ランプがあります。これは横に書かれているボタンを押して薬品の噴射量を変更をすることができます。

噴射量ボタンの説明
弱…最初の1時間だけ強く薬品を散布し、その後散布を弱くします。
中…最初の4時間強く散布、その後3時間中散布、あとは弱で散布します。
強…ずっと散布の強さを強いまま維持しつづけます。

私は快眠を優先したかったので、初日は頭上のコンセントに本体を挿し、強さを強にして寝ました。
健康を考えるならちょっと離したほうがよかったのかもですが、睡眠不足が続いてたのでためらいはありませんでした^^;

使用1日目の感想 | 窓を閉めて頭上に設置する

初日は寝る瞬間に本体を起動しましたが、蚊にさされずに快眠でした!

こんなに効果あるならもっと早く購入しとけばよかったと思いました!

使用2日目の感想 | 窓を閉めてベットから3m離す

さすがに頭上はちょっと体に悪いかも?と思い、ベットから3m離れたコンセントに本体を挿して寝ました。

結果はこの状態でも蚊に刺されずに済みました♪

使用3日目の感想 | 窓を開けてベットから3m離す

夜は暑いということもあり、窓を閉めた状態で寝ると汗がたくさんでます。

なので窓を開けても効果があるか試しました。結果はこの状態でも問題ありませんでした♪

やってよかったと思える商品

1週間連続で蚊に刺されませんでした。最終的には窓を開けて、威力を小にしましたが蚊に刺されることはありませんでした。

最初は半信半疑でしたが、使ったその日の夜から効果がありました。これなら引越し時にささっと購入しておけばよかったです。

たった700円で快眠を得れるならとてもお得ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)