大型モニターから飛び出る!?最新3D技術が近未来ですごい!!

大型モニターから飛び出る!?最新3D技術が近未来ですごい!!

マレーシアの旧正月に突如現れた大型モニターから金の牛が飛び出る3D映像が世界中で話題になっています。

この大型モニターのゴールドの3D闘牛は、コロナウイルスを打ち破り、健康が訪れることを祈願して作られたもの。

この大型モニターから飛び出る超リアルな3D映像は、アナモルフォーシスという技術が使われており、目の錯覚によって動物が飛び出すように見えている。

この大型モニターは、マレーシアにあるパビリオンというGACKT(ガクト)ご用達のショッピングモールに設置されている横60.8m、縦21.5mの巨大LEDスクリーンはトータル1,310平方メートルと超巨大。

普段この大型モニターは2Dの広告が流れているが、アナモルフォーシス技術によって3D映像が可能になっている。

中国や韓国でこの大型モニターの3D技術が進んでいて、韓国のd’strictでは映像の動きは若干ゆっくりなものの、画質の高さにこだわっている。

以下、大型モニターで3Dが映し出されている映像。

中国成都市の繁華街「太古里」

ライオン

宇宙船

韓国d’strictソウル「SMTown COEXビル」

以下、CGのように見えますが、すべて3Dの映像のようです。

巨人のダンス

リアルな波

巨大オモチャ

とてもかっこいいですね!見てるだけでニヤニヤしてしまいます(笑)

技術が進めば大型モニターを使った動物園や水族館ができるかも!?そうなれば動物が自然に戻れていいなって思います。

今後もこのような作品がたくさん出てきて、日本でも大型モニターで見れるようになるといいですね!

+1

この記事が役立ったらハートのいいね!ボタンを押して頂けると嬉しいです!(ちなみに、押すと周辺にハートがふわふわ~と飛び出て幸せになれます(笑))

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)