中国語聞き取れない!聞き取れるようになるまでにやったこと。

中国語の勉強してるのに何言ってるのか聞き取れない。

台湾に留学して1年が経ちました。

中国語で相手が話すことが聞き取れないのがこの1年ずっと苦痛でした。

ある時は、ヤフー知恵袋で500コインも使って相談するくらい凹んでいました。

しかし、中国語学習1年くらい経って聞き取れるようになってきました。

ここでは中国語を聞き取れるようになるにはどうすればいいのか、出会った中国語学習者との経験談もふくめて紹介します。

中国語は耳だけだとレベルが高い


中国語を聞き取れるようになるには、実生活で鍛えたほうが早いです。

目で実際の相手を見ることで、感情や仕草、表情から相手が何がいいたいか推測できます。

特に女性はお喋りに慣れているので、この推測する能力は男性に比べて高いです。

しかし、教科書のリスニング部分はただ耳で聞くしかできません。

「教科書に書かれているリスニングパートは、実生活に比べるとレベルが高いです。

なので日常生活でネイティブの人と言語交換を通して練習がおすすめです。

言語交換は、お互いの言語学習を助け合うのものなので、相手もわかりやすい単語を使って話してくれます。

特に相手に子供がいる人だったら、さらにわかりやすい単語を選んで中国語を話してくれるでしょう。

アドバイス
私たちは、日本の学校教育で教科書の音声を聞いて語学を学んできました。

その影響か、大人になっても教科書でリスニングを鍛えようとしてしまいますが上手くいきません。

これは、実際に話されている発音や声調が違うことや、自分の発音が違うからです。

単語・文法力が不足している


知ってる単語力や文法力が不足しています。

中国語を旅行会話や簡単な日常生活で意思疎通レベルに達するまでには、最低1200単語必要です。

日常生活で相手の言ってることがわからない場合、基本的に知らない単語を相手が話してることが多いです。

知らない単語が文章中に5割を超えると相手が何言ってるのかわからなくなります。

また入門・初級レベルで習う文法を疎かにしてる人もいますが、入門・初級レベルは日常生活で頻繁に多く使われてるため重要です。

例えば、



是…的


還是

など、入門レベルから初級レベルで完全に理解して使えるようにならないといけない文法がたくさんあります。

私は教科書に書いてる例文や授業中にもらったプリントを何度も口に出して言ったり、

Youtubeを見たり、日常生活で見たり聞いたりすることで習った単語や文法を見て聞く機会をたくさん増やしました。

そうすることで、「これ以前学校で使った単語だ」「この単語日本語でもよく使うから覚えて使っていこう」という発見があります。

声調・発音を間違って覚えている


正しい発音や声調ができていないと、脳が音を正しくインプットしてくれません。

イメージしてみてください。脳の中に音を聞き取る部屋があります。

その部屋は音を識別してくれる係員がいます。耳から入ってきた音は聞き取る部屋に入り、

あなたが覚えた音の引き出しから単語カードを瞬時に取り出してあなたに教えてくれます。

ただ耳から入ってきた音と、引き出しの音が違うとあなたに単語カードを送られても理解できません。

あなたが覚えた一つ一つの声調と発音が違うからです。

正しい声調と発音を覚えるには、1つ1つネイティブに確認してもらう必要があります。

1つ1つの発音ができるようになったら、2語の単語を使っての発音の練習です。

それができるようになったら短い文章を読んで発音チェックをしてもらいます。

そうすることで、自分がどんな発音が苦手なのか、どんな声調の組み合わせが苦手なのかがわかってきます。

1回、2回の発音練習で綺麗な発音が出せるのは天才だけです。

中国語学習者のほとんどの人は、ネイティブのような正しい発音を出せるようになるまで最低1年は発音の練習が必要でしょう。

覚えた単語をまだたくさん聞いていない。


学校では単語を覚えるように言われます。だから本屋さんに行っても単語の本がたくさんあります。

しかし単語を覚えたからといって相手の言ってることが聞き取れるかというとまだ何を言ってるのかわかりません。

まだ必要なやることがあるからです。それが色んなシチュエーションでたくさん聞くことです。

1つの単語でも状況の変化で、単語の使い方が変化していきます。

たとえば、搬家(引っ越す)。この単語が会話内に「搬家」がでてこればいいですが、実生活では変化して話されることがあります。

たとえば単語は、「搬家(引っ越す)」。

  • 搬過家 (~ことがある)
  • 搬到《台北》的家 (台北の家へ引っ越す)
  • 搬了《三》次家 (3回引っ越した)
  • 搬新家 (新しい家に引っ越する)
  • 搬去朋友家住(友達の家に引っ越しに行く)
  • 文法の部分と被るところもありますが、どの状況でも対応できるように聞きなれないといけません。

    それに《 》の単語が変わり、まだあなたが知らない単語が《 》内に入ってくると頭が真っ白になります。

    これは単語不足の他にも、まだ聞きなれていない単語だからです。

    たくさん聞くには、いろんなシチュエーションから聞くのが早いです。

    単語や文法を覚えたてのときは、意識的に《 》内の単語をいろいろ変えて書いたり話したり聞くのがいいですが、

    慣れてくると不意に耳から入ってきた言葉のほうが、記憶に定着していくからです。

    場慣れしていない


    相手が何を言ってるのかわからない場合、会話の場慣れをしていないかもしれません。

    初めていくお店や状況では、あなたの知らないルールがあったり、単語がたくさんでてきます。

    先日、餃子屋さんで似たような状況が起こりました。中国語初心者の日本人の女性(Aさん)と一緒に餃子屋さんにいったのですが、

    Aさんにとって初めての台湾の餃子屋さんでした。Aさんはどんなメニューがあるのか知らない状態でした。

    私はそのお店には10回くらい通ったことがあるのでメニューは知っていますし、しきたりも知っています。

    その時は4種類の餃子を5コつづ注文しました。

    注文時、店員さんに「注文した餃子の個数が少ないので2つの小皿に分けてもいいですか?」と言われました。

    本来なら4種類の餃子なので4つの小皿に入れてくれるのです。

    Aさんは、店員さんの中国語は全然聞き取れていませんでした。私も30%くらいしか聞き取れていませんでしたが、

    これまでこの餃子屋さんに通った経験と、一部しか聞き取れなかった単語から推測して言いたいことを理解することができました。

    ここで重要なのは、全部聞き取れるようになるにはではなく、相手の言いたいことを推測できるかが重要です。

    推測を鍛えるには、同じお店や似たお店に何度も行くと鍛えることができます。

    また同じ人と話すことでも、相手の表情から言いたいことを推測することができるようになってきます。

    *赤ちゃんや犬、猫も言葉を話せませんが何度も接していると表情と仕草でなんとなく言いたいことがわかりますよね。

    それと同じ要領です。

    中国語を現地で勉強してるのに、相手が何を言ってるのかわからないと、自分の部屋に引きこもりがちになります。

    上手く現地の人とコミュニケーションとれず、嫌な対応をされたと感じたら、なおさら引き篭ってしまうでしょう。

    しかし、それは相手が何を言ってるのか推測できるようになる上でみんなが通る道。

    話す相手が悪かったからかもしれません^^; 

    台湾人は親切な人が多い。たしかにほとんどの台湾人はそうですが、少なからず嫌な接客をする台湾人もいます。

    つい嫌なことがあると、他の人もそうなのでは…とかまえてしまいますが少しづつでも現地と話すようにしましょう。

    話すことで回答があります。その積み重ねで場慣れして相手が何を言ってるのかわかるようになります。

    無関心でいる


    聞き取れない言葉があっても、問題なく話が進んだら知らないままの状態でいることがあります。

    例えば、コンビニで物を買うためにお金を支払うとき、店員さんに

    「×〇△×〇×〇嗎?」

    なんか聞かれてるのはわかるけど、何言ってるの聞き取れない。。。

    でも場を切り抜けるために、

    「不要」

    と適当に応えたらなんか通じて買い物できた。

    次の買い物の時も何か聞かれたら「不要」と答えておこう。

    誰でもこのような状況はあると思いますが、この無関心が中国語を聞き取れるようになりたい人にとって弊害になってることがあります。

    聞き取れなかったら、何を言ったのか聞く、録音して再度聞いてみる、もしくは誰かに聞いてみる。

    店員さんが言った一つの「×〇△×〇×〇嗎?」というフレーズですが、理解できることにより何を言ってるのか意味が理解でき、

    無関心でいたフレーズを積み重ねていくと、教科書にない生きたフレーズが爆発的に増えていきます。

    あとがき

    いかがでしたか?会話が苦手、カラオケが苦手そんな私でもしっかり中国語を聞き取れるようになってきました。

    日本人は漢字が読める分、漢字に頼ろうとするので、リスニングがめっちゃ疎かになります。

    反対にタイ人やベトナム人は母語に声調があり、リスニングに頼ろうとするので、漢字を読み書きするのがめっちゃ疎かになります。

    人間はどうしてもつらい作業を避けたくなるものです。しかし中国語の場合避けたままでは一向に語学が上達しません。

    この記事を再度読んで、自分に足りない部分を少しづつ普段の学習に取り入れていくといいでしょう。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)